終戦の日

Posted at 08/15 女将の日記 » コメント(4)» トラックバック(0)»

今日は終戦の日です。私の祖父は新婚の妻と1歳の娘を残し出征、終戦後はシベリアに抑留されました。私の母と叔父の年齢差が12歳ということを考えると、かなり長い間帰宅できなかったのです。
    1歳の娘.jpg
出征時、祖父が胸ポケットに入れていた1歳の娘の写真、私の母です。祖母、祖父が相次いで亡くなり遺品を整理していた母が見つけました。テレビドラマで見ていたようなことが祖父母には現実で、終戦後も戻らない夫を祖母はどんなに心細い思いで待っていたのだろう…と想像すると胸がいっぱいになります。

母は自分が亡くなった時にはこの写真を必ず棺に入れてほしい、なんて言ってます。まだまだ先なのに!と笑い飛ばしましたが、本気で念を押されました。

自分で言うのもなんですが、この写真の赤ちゃん可愛い!!そういえば花嫁衣裳の母も可愛かった。きっと父はそのへんに惚れたんだな…などと弟とバカ話をしたのです。我が両親が仲良しなのは嬉しいことです。

"終戦の日"へのトラックバック

トラックバック先URL

"終戦の日"へのコメント

コメント » 溶射屋  2008/08/16 05:16

女将さん

おはようございます。

貴重なお宝写真なんでしょうね。

まだ写真撮影技術が乏しかった頃に小さい子供を撮るのは非常に難しかったのではないでしょうか?

きっとお母さんの目線の先には写真屋さんとかご昇進が一生懸命にあやしているんでしょうね。

シベリヤ抑留はそれはそれは辛い体験だったと想像します。
そう言う方達によって今の平和の日本があるという事を決して忘れてはいけないと思っています。

コメント » 女将  2008/08/16 10:09

溶射屋さん、おはようございます。
65年以上前の写真でこの表情、私も驚きました。さぞ腕の立つ写真館さんだったのでしょう。
今の平和な日本に感謝です…。

コメント » 豆蔵  2008/08/16 22:30

可愛いお写真ですね(*^^*)
お祖父さんが肌身離さず身に付けていて、
お守りにもなったのかもしれませんね。
親戚の亡くなったお祖父さんもシベリア抑留
されていたと聞いています。
私たちの想像を絶する過酷で悲惨な事実だと
いう事をTV等で知りました。
日本が二度とこんな戦争に巻き込まれてほしく
ありませんね。

コメント » 女将  2008/08/17 16:43

豆蔵さん、こんにちは。
祖父母から戦時中のことは聞いたことがありません。きっと語りたくなかったのでしょう、亡くなってから知ったことのほうが多くて…。
8月は戦争について考えることが多いです。

"終戦の日"へコメントを投稿

上の情報を保存する場合はチェック

月別アーカイブ

モバイル

いづみやブログ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

いづみや旅館

いづみや旅館ホームページ

荒川サケ釣りFBページ

荒川サクラマス釣りFBページ

カウンター