メリーと雉(キジ)

Posted at 02/06 女将の日記 » コメント(2)» トラックバック(0)»

我が家のメリーは狩猟犬で鳥に反応する遺伝子を持っています、ゆえにマコトの趣味の狩猟のパートナーなのですが・・・。いま一つ主従関係が確立していないというか、元気が良すぎるというか、お転婆ちゃんというか、主人(マコト)を置き去りにする癖があります。
20190206.jpg

狩猟犬としては少々役立たずなメリーが働いてくれました、なんと雉(キジ)を2羽ゲット!!夕飯には雉(キジ)の焼き鳥が登場です。これが想像以上に美味しくて大好評~、マコトは獲物を持ち帰った満足感に浸り、1号は雉(キジ)肉の串打ちに没頭し出来栄えを褒め称えられて御満悦、2号はジビエ料理に感激し、女将はそんな家族の様子をブログネタにするという全員がWin!Win!で幸せな夜でした~☆

滋味をかみしめながら雉(キジ)を堪能、愛犬メリーに感謝!!

"メリーと雉(キジ)"へのトラックバック

トラックバック先URL

"メリーと雉(キジ)"へのコメント

コメント » 野良黒  2019/02/19 09:07

ご無沙汰しております。
今期の、狩猟期も無事に終了しました。(一部延長有り)誠さんに頂いたカモで
さばき方を勉強した日々を懐かしく思い出しております。
今期のハプニング~やっと取れた山鳥を剥製にしようと土間に置いておいたら
父親が「毛むいといたから」何時でも食えるぞ~・・・・・ガピヨーン(涙・涙)
来期こそ剥製作るぞ~^^

コメント » 女将  2019/02/19 20:14

野良黒さん、お久しぶりです!コメントありがとうございます!!
オー、マイ、ガッ!(ToT)/~~~貴重なヤマドリ、毛をむしっちゃったら食べるしかないですよね、悲しすぎる~~~(涙)
我が家のハプニング、じいちゃんがマコトのアユ竿を歩行用の杖に加工しちゃったことがあります。鱒之介じゃなかったのがせめても幸いでしたが、マコトは悶えてました~。
マコトによりますと、剝製にするなら猟期後半の脂肪のないヤマドリが良いそうです。来季、剝製の完成を祈ってます!!

"メリーと雉(キジ)"へコメントを投稿

上の情報を保存する場合はチェック

月別アーカイブ

モバイル

いづみやブログ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

いづみや旅館

いづみや旅館ホームページ

荒川サケ釣りFBページ

荒川サクラマス釣りFBページ

カウンター