荒川の川流れ

Posted at 08/09 女将の日記 » コメント(2)» トラックバック(0)»

荒川へ水遊びに行った父子3人。川流れとは誤って川に流されてしまうことを意味します。私、想像しただけで怖いです(大汗)。
1号.jpg
気分よく荒川で遊んでいた1号ですが生まれて初めての川流れを体験しました。大慌ての1号を見て夫は高笑い、まさにその時を待っていたのでした。実は1号と2号にはライフべストを着用させていました、なので溺れる心配はないのですが流れに流れてどこまで行くのやら…?
この場合は「流れに逆らわず斜めに進んでどちらかの川岸を目指す」なのですが、水流に逆らって上流に戻ろうとする1号、それじゃあ正直すぎ!体力を消耗するだけじゃ!!川には急流もあればトロ場もあり、水深の浅いところ深いところがある。無意味にジタバタするのは命取り、と夫は子供たちに教えたかったようです。果たして夫の訓示は伝わったのか??
荒川の鉄橋下.jpg
水位が下がった荒川、鉄橋の下もこんなに↑↑↑水が少ないです。川原には車、車、そして川の中にはアユ釣り愛好家がた~くさんです。本当はアユを釣りたい夫、ガマンです。

しかし川の水が冷たくてガタガタ震えだした1号・2号。この時期にそんなことアリなの?ちょっと不思議な荒川です。いったい何が起こっているのでしょうか、少し心配…。


荒川でのアユ(鮎)釣りの宿泊はいづみや旅館へ


"荒川の川流れ"へのトラックバック

トラックバック先URL

"荒川の川流れ"へのコメント

コメント » ウッディマム  2008/08/09 23:06

きっと傍で見ている母は試練ですね。
でも、体験しないと身につかない”危険”への対処の仕方。
川で遊ぶ以上は、体で覚える必要な経験なのですね。
 川で遊ぶ経験がないまま育った私には”川流れ”の言葉自体初めて知りました。
 ちょっぴりお兄さんになった一号さんですね。

コメント » 女将  2008/08/10 06:59

ウッディマムさん、おはようございます。
「川流れ」は我が家でしか通用しない呼称かもしれません。私も川遊びの経験がないのでハラハラです(^^)

"荒川の川流れ"へコメントを投稿

上の情報を保存する場合はチェック

月別アーカイブ

モバイル

いづみやブログ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

いづみや旅館

いづみや旅館ホームページ

荒川サケ釣りFBページ

荒川サクラマス釣りFBページ

カウンター